備忘録

政治/経済/自動運転/Python/Robotics

はじめてのTwilight Struggle

世界のboard game ranking 1位のTwilight Struggleやりました。

 

簡単にゲームの説明をすると、

- テーマ -> 冷戦

- 概要 -> USAとUSSRの世界に対する影響力の争いをします。

- ジャンル -> War Game (Cold Warなので戦闘は起こりません)

- プレイの仕方 -> カードイベントドリブン。(1round 8枚のカードを交互に使用し、イベントを発生させる or OperationPointとして影響力の配置に使う)

- その他 -> クーデター、宇宙開発競争、代理戦争 など

 

はじめてのプレイは、本当は10ラウンドのゲームなんですが、3ラウンドで2時間半かかってしまったので中断しましたww

 

USA(おなちゃん) USSR(わたし)

 

1round終了時

開幕でスエズ危機を起こしてイスラエルから勢力を奪い、イランにクーデターを仕掛けて中東を完全に共産勢力圏にするも、イランにクーデター返されて、中東からUSAを追い出すことは失敗。

 

- 中東 -> 完全排除には失敗したが大分いい感じ。優勢

- アジア -> 韓国は朝鮮戦争で奪える見込みがあるので、南アジアの要所(印パ)を押さえている分見た目以上にいい感じ。優勢

- 欧州 -> 西欧の大国を押さえられてリードされているが、東欧はしっかり固めておりめちゃくちゃ悪くはない。やや劣勢

  

f:id:rikipafe:20150203004918p:plain

 

2round終了時

西欧 -> 社会党政権樹立イベントをきっかけにイタリアを共産化。優勢

アジア ->キーカードのベトナム戦争を引けずにタイから南は押さえられて、朝鮮戦争も失敗に終わる。五分

中東 -> リビアまで勢力を伸ばし、順調。優勢

f:id:rikipafe:20150203004927p:plain

 

3round終了時

西欧 -> ベルリン封鎖が大成功し西ドイツを獲得。大いに優勢

中東 -> イランで影響力争いするも転覆はできず現状維持。優勢

アジア -> 大いに補強される。やや劣勢

f:id:rikipafe:20150203004933p:plain

 

という感じでEarly Warが終わってUSSR 10point leadでうちやめ。

 

前半戦はUSSRが有利に、後半戦はUSAが有利にできてるのでこんなもんかなという感じ。というか序盤のソ連はまじですごかったんだなということがよくわかるね。

 

中盤はフルシチョフ、ブレジネフで後退。

 

終盤はゴルバチョフで大いに失速する模様。続行したら逃げ切れてたかあやしい・・

 

という感じでさすがは世界一位のボドゲ

くそおもろかった、のでブログにしちゃった。